UK TEA ACADEMYについて

UK TEA ACADEMY (UKティーアカデミー) は、紅茶に限らず、日本茶、中国茶など世界の茶類に関わるティー・プロフェッショナル育成のための資格認定プログラムを提供する英国で唯一の機関として、2016年に英国・ロンドンで発足致しました。 

 

2018年9月、これまで英国でのみ開催されてきたこのプログラムを日本でも開催できる様設立されたのがUK TEA ACADEMY JAPANです。

 

UK TEA ACADEMYのサーティフィケート (資格証明書) は、現代のフードビジネスで必要とされる茶類全般の知識、技術において、高いレベルを習得したことを証明するもので、英国本校から発行される、世界共通の資格です(資格証明書の表記は英語です)。

 

 UKティーアカデミー資格は全世界で通用する資格ですので、イギリスはもちろん海外でお茶関係の仕事に就く際に役立ちます。イギリスでは「TEAソムリエ」資格を取得した人たちが一流ホテルのラウンジでティー・ソムリエとして活躍したり、ティールームを立ち上げており、「TEAチャンピオン」資格を取得した人たちが紅茶専門店や有名百貨店で活躍しています。

 

サーティフィケートは、次の3つのレベルにおいてそれぞれ取得できます。

1.基礎レベル:Tea チャンピオン        

2.中級レベル:Tea ソムリエ 

3.上級レベル:Tea マスター   

*        現在は東京のみでの開催ですが、将来的には別の都市での開催も予定しております。

*        上級レベルのティーマスターは、現在日本での開催予定はありませんので、英国での受講となります(英語のみ)。

 

このような方に向いています。

● お茶関連の仕事に従事したい、紅茶、日本茶など茶類の販売やティールーム、カフェなどを開きたい、またはすでにそれらに従事している方

● 日本茶の生産、販売、輸出などに関わっていて、世界の中の日本茶の位置や他の茶類との比較について知りたい

● 紅茶、日本茶、中国茶などにご興味があり、趣味として学びたい

● 紅茶の輸入、販売などに関わる仕事をしていて、最新の世界の事情、情報を知りたい

● すでに何らかの勉強をしているが、他の茶類について、また、英国が発信する統一した見解を学びたい

● 紅茶その他の教室などを行っていて、国際的に通用する資格を身に着け、情報の更新を図りたい

 

※ ティーアカデミーの資格取得コースは、社内研修として出張開催も承ります。フォームにてお問い合わせください。

UK TEA ACADEMYの動画を見る


コース紹介

TEA CHAMPION

初級レベル: Tea チャンピオン

料金: 115,000円(税別)

期間: 3日間コース

(試験合格後、英国のアカデミーが発行する認定証代として別途7,000円を申し受けます。)

TEA SOMMELIER

中級レベル: Tea ソムリエ

料金: 160,000円(税別)

期間: 5日間コース

(試験合格後、英国のアカデミーが発行する認定証代として別途7,000円を申し受けます。)

TEA MASTER

上級レベル: Tea マスター

料金: 未定

期間: 未定

※ 現在のところ、日本での開催予定は未定。英国・ロンドンでの受講となります。 



講師陣

UK TEA ACADEMY JAPAN

ダイレクター

スチュワード麻子

 

在英21年。英国のコースディレクター、ジェーン・ペティグリューとともに世界の紅茶産地を巡り、紅茶、中国茶、台湾茶についても学ぶ。紅茶関連著書5冊。

 

ロンドンの紅茶会社にてティーテイスターとして研修後、イギリスと日本にて紅茶専門スクール 「インフューズ・スクール・オブ・イングリッシュ・ティー」を主宰。

 

日本紅茶協会認定シニア・ティーインストラクター、日本茶インストラクター。

 

2017年より在英日本茶大使に任命。 現在もロンドンのティーアカデミー講師として、ロンドンの講義も担当。 


UK TEA ACADEMY

コースダイレクター 

ジェーン・ペティグリュー

 

紅茶業界での30年以上の経験をもち、世界中で講義、講演活動を行う。お茶関連の著書は16冊。

 

2014年にワールド・ティー・アワードにおいて「ベスト・ティー・エデュケーター」に選ばれる。2016年には紅茶及び紅茶の歴史に関する貢献で、英国よりブリティッシュ・エンパイア・メダル(BEM)を授与される。

 

UKティーアカデミーのコース内容(モジュール)はジェーンが監修し、日本での講義はスチュワード麻子を中心とする、UK TEA ACADEMY認定の経験豊富なティー・プロフェッショナルが担当。