top of page

中級: ティー ソムリエ

中級ティーソムリエ

中級レベル: ティー ソムリエ

料金: お問い合わせください

期間: 6日間 (前期2日間・後期3日間・試験1日間)

会場: 東京開催のみとなります

​コース詳細: レベル2のティー ソムリエ資格は、すでにティー・ビジネスやお茶会社、ティールーム、カフェやホテルのラウンジなど、何らかのお茶関連の仕事に従事している方に役立つ資格です。

初級レベルの内容をさらに深く、広く学ぶとともに、世界中のお茶産地についての理解を深めます。

学ぶお茶は世界各国、中国、台湾、日本、インド、スリランカ、ケニアなど多岐に渡り、ネパール、コロンビア、ジョージア、アメリカなど、近年伸びてきた産地やその他のレアな産地についても学びます。

また、家庭だけでなくレストランやカフェ、ティールームなどにおける商業レベルでの各種茶の淹れ方、メニューの構成や書き方、サービスなどについての実技研修も含みます。

​補足情報:

・価格は試験料を含みます。参加費用は前期、後期の2回に分けてのお支払い、又は一括でお支払いされても構いません。2023年2月より改定いたしました価格を確認されたい方は「問い合わせ」ページよりお問い合わせください。

・ティー・アカデミー・ジャパンの講座で使用される、テキスト資料及び、スクリーンで流される映像情報において、文章・画像等の内容の無断転載・複製等及び配布の行為については、ご遠慮くださいますようお願い致します。また、講義の録画、録音についてもご遠慮ください。

現在募集中のソムリエコース

次回のティーソムリエコース は来年の予定です

【2024年8月開始ソムリエコース】

8月ソムリエコースはキャンセルになりました。

受講期間の講座内容

前期2日間、後期3日間(それぞれ11:00〜17:30) 、試験日1日間。費用には別日に開催する試験、合格された場合の修了証代を含みますが、再試験には別途費用がかかります。

前期DAY1

ティーソムリエとは

初級コースの復習とテスト、テイスティング

茶の生育条件

茶の栽培

茶園と茶農家:

大規模茶園から家庭経営まで

茶園からカップまで:お茶の流通経路

茶のテイスティングのやり方:

カッピングについて、カッピング実習

茶の正しい淹れ方復習

茶の官能審査と表現方法について:

形状外観、茶殻、茶液を表現する

[実習1]

前期DAY2

茶の官能審査と表現方法

[実習2]

 

世界の紅茶について

(かっこ内はテイスティングの数:変更することもあります)

①インドのお茶:アッサム(3種)、ダージリン(3種)、ニルギリ(2種)

   ミニテスト

②スリランカのお茶:ルフナ、ウヴァ(2種)、ディンブラ、ヌワラエリア

③アフリカのお茶:CTC(3種)、オーソドックス(3種)

④韓国のお茶 1種

⑤ベトナムのお茶 1種

後期DAY3

中国茶 背景と歴史

①有名な白茶とテイスティング2種

②緑茶(4種)

③烏龍茶(3種)

 

お茶を異なる温度で淹れてみる

④中国の紅茶(5種)

中国茶テイスティングテスト、ミニテスト

後期DAY4

中国の黒茶(3種)

台湾茶(4種)カッピング実習

茶芸のデモンストレーション

日本茶(5種)

後期DAY5

茶葉の外観テスト

テイクアウトのお茶

給湯システム

良いお茶、悪いお茶

 

世界のお茶文化(モロッカンミントティーとインドチャイのテイスティング)

ベトナムロータスティーテイスティング

チベットバター茶

 

世界のその他のお茶産地

ティーテイスティングイベントの企画と発表

テイスティングテスト

食材としての茶類(抹茶スムージーのテイスティング)

ティー&フードペアリング

(4種のお茶と4種のフード)

サービス方法としてのテーブルセッティング

試験

試験は前期、後期とは別の日程で行い、筆記、テイスティングテスト、淹れ方面接があります。詳細は受講者にお知らせいたします。

 (※ 不合格の場合でも、再試験を受けることができます。)

すべての受験科目を終了し、試験に合格されるとUK TEA ACADEMY認定のTEA SOMMELIER資格が授与されます。

認定証は英語表記で、UK TEA ACADEMYより発行されます。

bottom of page