初級: ティー チャンピオン コース

TEA CHAMPION

初級レベル: ティー チャンピオン

金額: 118,000円 ※2020年1月開講分より

期間: 3日間

※コース制ですので、1日でもお休みする方は受講していただけません。
※ティー・アカデミー・ジャパンの講座で使用される、テキスト資料及び、スクリーンで流される映像情報において、文章・画像等の内容の無断転載・複製等及び配布の行為については、ご遠慮くださいますようお願い致します。また、講義の録画、録音についてもご遠慮ください。

 

 

レベル1のティー チャンピオン コースは、種類を問わず茶類と関連のある職業(紅茶、緑茶などお茶会社、販売店、ティー・バー、オンラインショップ、カフェ、ホテル、レストランなどフードビジネス)に従事する方、また、趣味として紅茶、緑茶、中国茶など茶類全般に興味のある一般の方に適したコースです。


2020年東京クラス 日程: 2020年9月3日~5日

 

※今後の状況によりましては、日程変更の可能性もございます。

2020年京都クラス 日程: 2020年10月1日~3日

 

※今後の状況によりましては、日程変更の可能性もございます。




受講期間

14時間。4つの受験科目(モジュール)を3日間で取得。

最終日に試験を実施致します。

受講科目1

・茶とはなにか。茶樹が最初に生育した場所は

・茶が中国から世界の他の国々に広がった経路

・ヨーロッパへの茶の伝来

・インド、スリランカ(セイロン)での最初の茶園

・1950年台におけるティーバッグと茶業界の発展

・現在の茶事情(トレンド)

・茶のシーズンについて

・茶の生育と収穫の基礎

・茶類の違いはどこからくるのか

・6つの茶類のカテゴリー

・ルースティーとティーバッグ

・ゴールデンルールズ:保存法と淹れ方

・茶を淹れる際の水について

・茶を淹れる用具について

・何煎まで淹れられるのか

・紅茶に淹れるミルク、砂糖、レモンについて

受講科目2

・ティーテイスティングの基礎

・淹れ方実習

・茶の生産に関わる用語

・各茶類における酸化発酵の度合いの違い

・紅茶のオーソドックスとCTC

・産地別の紅茶のテイスティング

・緑茶の製造について

・産地別6種類の緑茶のテイスティング


受講科目3

・黄茶の製造と黄茶のテイスティング

・白茶の製造と白茶のテイスティング

・烏龍茶の製造と烏龍茶テイスティング

・プーアール茶の製造とテイスティング

・ブラインド・テイスティング(テイスティングテスト)

・茶葉の外観による判別

 

受講科目4

・グレーディング用語

・フレーバードティーの製造方法

・フレーバードティーのテイスティング

・工芸茶の製造方法と工芸茶のテイスティング

・現在市場に出回る茶の種類—シングル・エステートティー、シングル・オリジン・ティー、ブレンド

・ブレンドの基礎

・イングリッシュ・ブレックファストブレンド2種のテイスティング

・ブレンド作成

・認定システムについてーオーガニック、バイオ・ダイナミック、フェアトレードなど

お茶と健康

 

試験

ティー チャンピオンの資格試験は、3日目の講義の最後に行います。試験に要する時間はおよそ30分です。

(※ 不合格の場合でも、再試験を受けることができます。)

 

試験に合格されるとUK TEA ACADEMY認定のTEA CHAMPION資格が授与されます。

 

認定証は英語表記で、UK TEA ACADEMYより直接発行されます。(認定証には別途費用がかかりますのでご了承ください)